チャクラ

チャクラとは:

肉体に関わるエネルギーの1つがチャクラであり、肉体のエネルギーのセンターにもなっています 。チャクラの数は、7つで、 それぞれ役割働きを持っています 。

文化圏よっては、これらチャクラの数や、名前や呼び方 などが違っている場合がありますが、エネルギーとして見ていくと7種類のエネルギーを司ったセンターが、7つあると見るのが妥当です。

7つのチャクラ

下記の イラストは、おおまかにチャクラがどこにあるのかを 示しています。

下から 順番に第1チャクラ~第7チャクラまであります。
・第1チャクラ
・第2チャクラ
・第3チャクラ
・第4チャクラ
・第5チャクラ
・第6チャクラ
・第7チャクラ

それでは、1つ1つのチャクラを見ていきましょう。

第1チャクラ

<位置> 股の 間 両足内側の付け根の間あたり

<色> 赤

<働き> 創造する力

<解説>  ベースチャクラとも、ルートチャクラとも言われます。
ベースとは「基盤」を意味し、ルートは「根」です。

肉体を保つ基盤 となり、根っこのようにエネルギーを 地下深く、 地球の中心にまで繋げていくとが出来 ます 。

瞑想などにおいては、この第1チャクラを通して、しっかりグラウンディング(地に足をつけるすることができます。 日常生活においては、セクシャルなエネルギーを司っていることもあり、現実的な創造に向けて大きな助けとなります 。引き寄せなども、このチャクラと大きく関わっています。

第2チャクラ

<位置>  丹田あたり

<色>  オレンジ

<働き>  活力

<解説> 丹田あたりにあるので、丹田と勘違いされることもありますが、 実際、丹田と似た働きをしています。
※正確には丹田と第2チャクラは違っています。

肉体において、私たちの元氣なパワーを生み出してくれるのは、 この第2チャクラです。 瞑想においては、安定のエネルギーを生み出してくれます。 日常生活においては、バイタリティを持って行動していくために、第2チャクラは重要です。

第3チャクラ

<位置>  みぞおちのあたり

<色>  黄色

<働き>  意志

<解説> 太陽神経叢と呼ばれるチャクラです。
私たちの「意志」と深く関わっていて、太陽神経叢という名前のままに、「太陽」的な肉体の中心を表します。東洋医学的には、神経が集中しているところでもあります。

このチャクラが活性化していると、瞑想においても、 日常生活においても、自分の意志や軸がしっかりとなり、ブレにくい自分でいられます。

第5チャクラ

<位置>  胸のあたり

<色>  緑

<働き>  愛

<解説> ハートチャクラとも言われ、愛のチャクラです。
誰かを愛することはもちろんですが、 自分自身を愛し受け入れていくためのチャクラです。 自己受容は、他者の受容に比例しているので、 まずは、自分自身をあるがまま受け入れていくためには 重要なチャクラです。

瞑想などにおいては、日常生活の「愛」などに留まることなく 「慈愛」といった大きな愛、宇宙的な愛にいたります。真の感謝が表れるところも、この第4チャクラです。

第6チャクラ

<位置>  みけんのあたり

<色>  濃い青

<働き>  サイキック能力

<解説> 第3の目サードアイ・チャクラとも呼ばれます。
第3の目とは、肉体的な2つの目に加えた「3番目の目 」、 日本ではよく「心眼」と言われることもあります。 いわゆるサイキック能力と深く関わりのあるチャクラで、エネルギーを感じる ときも、無意識にこの第3チャクラを使っていることも多いです。

第7チャクラ

<位置>  頭頂

<色>  白

<働き>  天からのエネルギーを受け取る

<解説> クラウンチャクラと呼ばれます。
頭頂にあり、このチャクラが機能しているときのエネルギーは、 まるでクラウン(王冠)をかぶっているように見えます。

このチャクラの色について 、白ではなく、紫と書かれている文献も多く見受けられますが、このチャクラが本当に活性化 してくると白色の光を放っています 。

日常生活においては、インスピレーションを受け取りやすいところです。
瞑想においては、天界だけでなく、宇宙や多次元とも繋がってチャクラです。

チャクラのワーク

チャクラは私たちの肉体のセンターであるがゆえ、私たちの肉体のバランスを取るために、チャクラをバランスさせることは有効です。

ヒーリングにおいては、チャクラのバランスが取れていることは必須な条件ですが、瞑想などで、自身のチャクラのバランスを取っていくこともできます。

こちらは、追ってご案内いたしますね。


最新情報や無料メルマガ配信中
お名前  *
メールアドレス  *