チャネリング

光の存在と繋がり、そのメッセージを届けることをチャネリングと言う。

Channelingという字のごとく、Channel(チャンネル)-ing(すること)、つまり、「チャンネルを合わせる」こと、その存在の周波数に合わせるという意味。

チャネリングの恩恵

チャネリングというと、メッセージを受け取りイメージが強いが、チャネリングする人(チャネラー)は、光の存在と繋がった状態でメッセージを降ろす(届ける)ので、メッセージだけでなく、光の存在のエネルギーも同様にクライアントに届けられることが多い。その光のエネルギーによって、癒しが起こることも多い。

注意

存在と繋がるということは、その存在とのエネルギーのやりとりが起こるわけなので、むやみやたらに繋がればよいわけではない。特にチャネリングは、きちんとした方法によって繋がることをしないと、危険。


スピリチュアルアカデミアからのお知らせ

愛と美の瞑想会
<東京>
・9月6日(金)19時~21時
<大阪>
・9月で調整中
<高知>
・11月で調整中

笑顔が輝く瞑想会
<東京>
・9月5日(木)10時~12時

キラキラオーラ
<高知>ワークショップ
・8月29日(木)13時半~16時半
<新潟>
・9月8日(木)13時~16時

瞑想会のお申込みはこちら
お名前  *
メールアドレス  *

関連記事

  1. 潜在能力とは